PMSサプリメントが、生理前のお悩みを優しくサポート!

PMSサプリメントが、自然の力で生理前のお悩みを優しくサポート!

 

毎月つらい、生理前のモヤモヤ、イライラ。
あなたも、次のようなことで悩んでいませんか?
生理前のむくみにきび食欲肌荒れ
生理前のイライラ
など。

 

生理前のイライラ、むくみ・・・

 

これらの症状に当てはまるなら、PMSの可能性が高いと言えるでしょう。
PMSを簡単に説明すると・・・
PMSは、月経前症候群とも呼ばれており、生理の3〜10日程前から、イライラや怒りっぽくなる、うつ状態になる、乳房が痛い、頭痛、むくみなどの症状が現れる状態のことを指します。
このPMSがどうして起こるのかというその原因は、まだ、はっきりしていないようですが、女性ホルモンである「エストロゲン(卵胞ホルモン)」と「プロゲステロン(黄体ホルモン)」の急激な変化、などが原因ではないかと言われています。詳細は、こちら

 

 

毎月、毎月、こんなの耐えられない!でも、女性特有の悩みだから仕方がない・・・
と諦めていませんか?

 

これらの症状を少しでも抑える対処法としては、まず、生活習慣を見直してみることが挙げられます。
■しっかりとした保温を行い冷え症対策を実施する
■バランスの良い食事を心がける
■適度な運動でストレスを解消する
■生理中のアルコールを控える
■ゆったりとした入浴で、リラックス
など、まず、身近にできることはないか、ご自身で対処法を考えてみましょう。親しいお友達などに相談するのも良いですね。

 

 

次に考えられる対処法としては、婦人科に相談する、あるいは医薬品の服用があります。
最近では、テレビ等のコマーシャルでも頻繁に見かけるようになった、日本で初めてのPMS治療薬、ゼリヤ新薬の「プレフェミン」があります。有効成分「チェストベリー」乾燥エキスを含むお薬なのですが、要指導医薬品に指定されているので、ネットで購入することは出来ません。

 

他にも、第一三共ヘルスケアの「ロキソニンS」も良く知られるようになりましたね。

 

 

そして、3番目の対処法として考えられるのが、PMSサプリメントの摂取です。
「お薬は出来るだけ飲みたくない」、という方も多いことでしょう。そこで、PMS対処法としてご紹介したいのが、PMSサプリメントの摂取です。

 

サプリメントは、私たちが毎日口にする野菜や食物等に含まれる自然の栄養成分、あるいは漢方に含まれる自然の有効成分等を凝縮したもの。だから、副作用はありません。自然の力で、生理前のお悩みを優しくサポートしてくれるのです。

 

最近では、PMSサプリメントが徐々に登場してきています。
自然の力で毎月の悩みを何とかしたいとお考えであれば、PMSサプリメントの摂取も一つの有効な方法と言えるでしょう。

 

おすすめのPMSサプリメント

PMSサプリメントの口コミ(商品名が、ルナリズムから、このルナベリーに変更になりました)

ルナベリー

PMSサプリメントのルナベリー


チェストベリー月見草オイルイソフラボン等のPMSに有用な成分を、1粒に凝縮!

 

●サプリメント(食品)ですので、眠気や副作用などの心配がなく、安心してご利用できます。

 

●今なら、120日間全額返金保証キャンペーン実施中!

 

GMP認定の国内工場で生産。安全・安心を追求しています!

 

価格(1袋:約1か月分--30粒入り)
通常価格:4,400円(税込)が
 □初回限定:実質無料(送料500円のみ)
 □2回目以降:3,960円(税込)

 


●ルナベリーの公式サイトは、こちら


 

めぐルナ

めぐルナ


●PMSに有用とされる成分、チェストベリー高麗人参クワンソウやんばる生姜等を一粒に凝縮。

 

●カプセルにも自然由来のブルランを使用するなど、合成着色料等一切不使用

 

GMP認定の国内工場で生産。安全・安心を追求しています!

 

価格(1袋:約1か月分--31粒入り)
通常価格:5,200円(税込、送料無料)が
 □定期コース:
初回:980円(税込、送料無料)

2回目以降:3,980円(税込、送料無料)

 


●めぐルナの公式サイトは、こちら


 

女性のミカタ

PMSサプリメントの、「女性のミカタ」


●「すこやか編」と「やすらぎ編」の2種類があります。
〇「すこやか編」には、チェストツリーの他、メリロート、ウラジロガシ、ヒハツ等を配合、むくみや月経不順等の「カラダのお悩み」向き。
〇「やすらぎ編」には、月見草オイルの他、ラフマ、大豆イソフラボン等を配合、イライラや集中力低下等の「ココロのお悩み」向き。

 

●他に、ビタミンB1、B6、B12等の美肌ビタミンもたっぷり!

 

GMP認定の国内工場で生産。安全・安心を追求しています!

 

価格(1袋:約1か月分--60粒入り)
通常価格:各2,180円(税込、送料込)が
 □初回限定:980円(税込、送料無料)
 □2回目以降:1,782円(税込、送料無料)

 


●女性のミカタの公式サイトは、こちら


 

私のPMS対処法

 

以下では、実際に、生理前の「からだの悩み」や「こころの悩み」を経験され、どのように対処されたかを、体験談として語ってもらいました。
あなたも、同じような経験をお持ちではありませんか?

 

生理前のイライラ

 

 

ご自身も同じような経験がおありなら、PMSかもしれません。PMSとはどのようなものか、具体的なお悩みの例をみてみましょう。

 

 

□私のPMS対処法について

生理前になると、決まってイライラがひどくなり、ちょっとしたことで涙が出るほど腹が立ってしまいます。職場では何とか我慢しますが、家に帰ると家族に当たりちらしてしまい、自己嫌悪に陥るのがいつものパターンです。

 

以前はそんな風ではなかったのですが、30代になってからひどくなりました。身体も少しだるくなるので、だるさが原因でイライラすると思っていましたが、雑誌でPMSのことを読んで、ホルモンの影響で、心と身体の両方に影響が出ると知りました。

 

PMSのことを知ってから、自分で気をつけていろいろな対処法をしています。たとえば、軽い運動が効果的ということだったので、ヨガをしています。以前から興味があったので、ヨガ教室に通うようになりました。

 

食事面での対処法では、イソフラボンの豊富な大豆製品を普段から食べるようにしています。自分なりの対処法を始めてからは、まだ2〜3ヶ月で、画期的とは言えませんが、イライラは減ったように感じます。PMSのことを職場で話題にすると、サプリメントを飲んでいる人がいたので、私も試してみるつもりです。

 

ひどくなった場合には、医薬品を使う方法や病院で治療できることもあると聞きました。PMSをよく知らないときには、ヒステリックな性格になったように感じて自分を責めていましたが、病名もついていると知って、かえって気が楽になりました。いろいろと情報を集めて、前向きに対処していこうと思います。

 

 

□自分に合ったPMSの対処法を!

生理前になると、毎月同じようにPMSの症状に悩まされているのであれば、その時期がやってくるのが嫌になってしまう事でしょう。

 

生理というのは毎月定期的になるものですので、避けることは出来ません。しかし、PMSの症状は、きちんと対処することによって、緩和することができるようになるのです。

 

PMSの対処法としてどんなことがあるかというと、低用量ピルを利用することができます。低用量ピルを使用することで、PMSの症状の軽減を期待できますので、医師に相談して定期的に健診を受けながら利用をしていくようにするといいでしょう。

 

しかし低用量ピルを服用する為には、経済的な負担もかかってくるようになります。病院代だけではなく、薬代も必要になりますので、1シートで数千円の出費になってしまうのです。経済的な負担が辛いという事になれば、他の方法を考えるようにしなくてはなりません。

 

お金をかけない対処法としては、有酸素運動を取り入れていくようにする事です。週に3回程度は、30分から60分程度の運動をするようにしておくといいでしょう。運動を行う時期としては、無理にPMSの症状が出ている時期に行う必要はありません。症状が出てしまう前に、普段から運動を行うようにしておくことでも、症状を緩和することにつながるのです。

 

PMSの対処法はいろいろありますので、いろんな方法を試すようにしてみることによって、自分に一番合う方法を探すことができるようになります。

 

 

□PMSの効果的な対処法とは

女性が生理前に体調を崩すことは、PMSと呼ばれます。頭痛や下腹部痛、吐き気など様々な症状を引き起こすPMSですが、日常の生活に支障をきたすようならば、適切な対処法を行って症状の予防や改善を目指すと良いでしょう。

 

まず効果的なPMSの対処法といえば、ホルモンバランスの乱れを改善できる食事を心がけることです。女性ホルモンと似た大豆イソフラボンを摂取すれば、不安定なホルモンバランスの乱れを改善する事が出来るでしょう。肉食を少し減らして、豆腐や豆乳などの大豆製品を意識的に食べると良いでしょう。

 

また、PMSは血行が悪くなると、症状が悪化する傾向があるため、身体の冷えを助長するような砂糖の多いお菓子や冷たい飲み物などは避けたほうが無難です。

 

また、適度な運動を行うのもおすすめの対処法の一つです。特にデスクワークをしている女性は、汗を流す機会が少なく、身体が冷えて血液の流れも悪くなりがちです。ウォーキングやジョギング、ヨガやストレッチなど負荷が軽めの運動でよいため、毎日数十分程度行うと体調を良くする事が出来るでしょう。

 

それらの対処法を行ってもPMSの症状が改善されない場合は、市販されているPMS対応サプリメントを利用したり、婦人科を受診して低用量ピルを処方してもらう対処法がおすすめです。ホルモンバランスの乱れを整えて、不快な症状を予防、改善していく効果を非常に実感しやすいでしょう。

 

PMSは、対処法次第で、ある程度コントロールすることが出来るため、症状が辛い人は、いくつかの対処法を実践してみると良いでしょう。

 

 

↓↓ PMSにおすすめのサプリメント ↓↓