PMSとは?PMSとその原因

PMSとは?PMSとその原因

 

若い女性を中心に、個人差の大きいのが生理不順です。

 

月経前症候群である生理前のイライラ、モヤモヤ、むくみ・肌荒れ等の症状を、最近では、PMS(Premenstrual Syndrome)と呼ぶことも多くなりました。

 

多かれ少なかれ、女性は、生理が始まる前に心身の不調を感じます。病気ではありませんが、体にさまざまな症状が出たり、メンタル面で波があったりと、人それぞれの影響が現れます。

 

PMSは、女性ホルモンの分泌量と基礎体温の関係で引き起こされる、心身の不調です。
女性は約28日間の生理リズムを通して、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の2種類の分泌量が変動します。またそれに伴って、基礎体温も低温の時期(低温相)と高音の時期(高音相)の2つにくっきりと分かれます。ホルモン分泌が盛んで高音相の時期を黄体期と呼んでおり、生理前2週間に続く状態です。もしPMSの起こる黄体期がいつ頃かわからない人は、基礎体温をつけることで生理リズムが予測できます。

 

乳房が張ったり痛んだり全身にむくみがでるほか、頭痛や下痢、便秘、ニキビといったさまざまな症状がPMSでは起こります。精神面でもイライラや無力感、怒りっぽさや不安症状など日常生活に差し支える場合もあります。

 

なぜPMSは起こるのでしょうか。
医学的に明確な理由がわかっているわけではありませんが、もっといわれているのは、プロゲステロン(黄体ホルモン)の影響です。プロゲステロンは、排卵から生理前の時期に分泌されます。このプロゲステロンの分泌が盛んになると、心身の不調を感じやすくなるといわれています。

 

そして、ストレスや乱れた食生活を続けていたり、性格的に偏りがあると、PMSの症状をさらに感じやすくなります。PMSの症状は、メンタル的な影響も大きいといわれており、普段から精神的な安定を心がけることが大切です。

 

↓↓ PMSにおすすめのサプリメント ↓↓

 

PMSサプリメントTOPへ!