生理前のイライラ

生理前のイライラ

生理前によくみられる症状は、なにも身体の異常だけではありません。精神的に不安定になる場合も。

 

生理前のイライラ!

 

 

例えば、下記の事例にもあるように、生理前になると、家族などに当たり散らしたり、「うつ」になったり。でもこれが、「月経前症候群」だとわかると、意外と冷静に受け入れられ、落ち着く方もいらっしゃいます。

 

詳しく見てみましょう!

 

 

□生理前のイライラはコントロール

症状
他人からヒステリックと言われることが少なくありませんでした。そのため、自分の性格が短気であると認識していましたが、歳をとるにつれて、感情のムラに何かしらのリズムがあることに気がつきました。それは体調、特に、生理と深く関係しており、生理前になると、喜怒哀楽が激しくなったり、とても些細な事でもイライラとしてしまったりするのです。

 

もともと、生理は不順ぎみで管理しにくかったこともあり、基礎体温というものを重視していなかったのですが、調べてみると「月経前症候群」の症状と自分の症状が当てはまっていました。食欲旺盛になり、常に眠気がとれず、イライラと落ち込みが交互にある感じで、私の場合は無性に家の中をひっくり返し掃除がしたくなります。汚れを見るとイライラしてしまうのです。その他は、少し体重が増えるせいもあり、気分は落ち込む一方でした。

 

自分なりの対処法
しかし、このことが、生理前に起こるホルモンバランスによるものだ、と知ることができると、気持ちは少し楽になりました。

 

生理前であることを自覚することができれば、その期間、は体調にあった行動をとることにしています。気分が優れない時には、無理に人に会わずに家でゆったりと過ごしたり、その期間は体重測定を控えたり、食欲と眠気に罪悪感を持たずに過ごすなどです。

 

以前は、こうあるべきと、固定した自分の考え方が、生理前の自分のイライラを倍増させていたからです。生理は、これから長く続き、身体にとって大事な役割なので、これからは上手く付き合っていこうと思います。

 

 

□生理前にイライラが止まらない

症状
生理前1週間位から、肩こりや身体のあちこちが重い感じで、とても憂鬱な気分になります。イライラ気分も抑える事が出来なくて、ちょっとした家族の言葉などにも過剰に反応してしまい、口喧嘩になってしまいます。いつもの自分なら、笑ってやり過ごす事が出来るのに、ひとつひとつがイライラになってしまいます。最初の頃はこれほど酷くはなく、ちょっとイライラしたり肩こりが酷くなったりする位で、女性ホルモンとは無関係な疲れが溜まっているのかもと思い、早く寝たりしていました。最近では、身体のだるさも辛いですが、何だかイライラしている自分が嫌でたまらないし、でも、感情を抑える事が出来ず、人にあたってしまったり、気分も落ち込みうつ症状みたいになっていました。

 

自分なりの対処法
ちょうど婦人科検診があり先生に話したら、「もしかして生理前症候群かもしれないね。」と言われ、初めて生理前症候群の存在を知りました。先生は、「精神安定剤やピル、漢方薬も治療法としてはありますが、リラックスしたり、大豆などからイソフラボンを摂ったり、ビタミンやミネラルのバランスが整った食事も大切ですよ。」と教えてくれました。辛かったら、また婦人科に行く事にして、結局、薬は処方して貰わずに帰ってきました。

 

でも、生理前症候群のためだと分っただけで気分が楽になり、症状が出て来たら無理をしないで、バランスのとれた食事と息抜きをするようにしています。家族にも生理前症候群の事を伝え、理解してくれたのも、症状改善に役立っていると思います。

 

 

生理前に起こるイライラで困っていました

症状
2〜3年前から、生理前になるとイライラすることが多くなり、家族に八つ当たりをしてしまうこともありました。普段は、どちらかと言えば穏やかな性格なので、声を荒げることはほとんどないのですが、生理前になると、イライラを抑えることができません。

 

イライラが少し治まると、憂鬱な気持ちになることが多く、いろいろなことに対して否定的になったり、落ち込むことが多いです。生理が始まれば安定してくるのですが、生理前になると自分の気持ちを抑えることができなくなるので、そのうち誰かに迷惑を掛けるようなことが起こるのではないかと不安でした。

 

自分なりの対処法
友人に相談をすると、友人もそのようなことがよく起こると聞いて、自分だけではないのだと少し安心しました。

 

そこでイライラを少しでも解消できる方法がないか調べてみました。この生理前の症状は、女性ホルモンのバランスの変化が原因となっているということが分り、多くの女性がこの症状を経験しているということも分りました。

 

解消する方法としては、ハーブ―ティーを飲んだり、時間があるときは無理をせず休む、などの方法があげられていました。イライラしても、仕事や家事はきちんとやらなければいけないと思い、力が入っていたことで余計に気分が重くなっていたのかもしれません。

 

それから、生理前は特にリラックスを心掛け、無理をしないように過ごすようにしていたら、イライラは起こるものの、以前よりも気持ちが楽になったので良かったです。

 

PMSサプリHOMEへ!