イソフラボンの過剰摂取には要注意!

イソフラボンの過剰摂取には要注意!

 

イソフラボンの健康効果が宣伝されて、一時期、豆乳を飲む女性が急増しました。

 

PMSの症状緩和にイソフラボン

 

 

大豆に含まれるイソフラボンは、女性の健康を維持する効果の高いことが、良く言われているようです。なかでも、生理不順に悩む現代女性が多い中、PMS症状の予防に役立つことで、健康アイテムに豆乳を取り入れている女性も多いのではないでしょうか。

 

ただ、何でも取りすぎというのは、かえって逆効果になります。イソフラボンも例外ではなく、健康のためにと1日の目安摂取量を超えて過剰に飲みすぎて、不調を訴えるケースもあるようです。

 

 

イソフラボンが含まれる、豆乳や豆腐といった大豆製品を取りすぎる人のなかには、軽めのPMS症状が気になって、自分でケアしたいという人も多いようです。

 

婦人科を訪れてピルを処方してもらうほどではないが、毎月の不快な症状は和らげたい。そんなとき、メディアで大豆のイソフラボンが効果的と聞いて飲みすぎて、新たな症状が出ることがあります。

 

 

イソフラボンの過剰摂取によって引き起こされたと考えられる症状には、生理の遅れ経血の増加などがあります。

 

よくいわれるように、イソフラボンは、植物性エストロゲンと呼ばれるほど、女性ホルモンの一種エストロゲンと同じような作用を発揮します。つまり、エストロゲンが体内で増えすぎて、かえってホルモンバランスを崩してしまい、行き過ぎたPMS対策になってしまうこともあり得るのです。

 

 

さらに、症状がひどくなると、内膜症の原因の一つにもなるといわれています。女性の体のしくみは巧妙に出来ているため、エストロゲンに似たイソフラボンの摂取量も、人によって人体への影響はさまざまです。

 

 

少しの大豆製品の摂取でも不調をもたらしたり、少々取りすぎてもPMS予防に効果が見られない場合もあります。

 

もしイソフラボンを取り過ぎていたり、イソフラボンの摂取を意識し始めてから生理の状態が変化したようなことがあれば、一度、婦人科医に相談するようにしましょう。

 

 

PMSサプリメントHOMEへ!