生理痛を抑えると期待されている月見草オイルとγ-リノレン酸

生理痛を抑えると期待されている月見草オイルとγ-リノレン酸

 

PMSを緩和するというハーブや生薬が、いろいろなかたちで商品化され販売されています。とくに最近、注目を集めているのが月見草オイルです。

 

月見草オイル

 

 

月見草は、民間薬として古くから利用されてきた西洋ハーブの一種で、一般的には、肌荒れや湿疹といった肌トラブルの改善に使われてきました。

 

月見草の原産地は北アメリカで、いまでは、世界的に栽培されている食物です。

 

とくに、月見草オイルが話題になった背景には、健康にプラスになる油脂分を摂取しようという動きがあります。とりわけ、γ-リノレン酸と呼ばれる成分は、月見草から抽出される貴重なものです。

 

月見草以外では、ほとんど抽出が難しいことに加えて、日頃の食生活で補うのも大変です。

 

 

γ-リノレン酸の健康効果は、母乳にしか含まれていないことからも明白です。赤ちゃんの成長の鍵を握る母乳の成分では、ラクトフェリンなどが有名ですが、γ-リノレン酸も、人体の成長や健康維持に大きな役割を果たすことがわかっています。

 

 

 

より理想的な油脂の摂取方法のなかで注目されてきたγ-リノレン酸ですが、コレステロールや血圧、血糖値を抑制したり肌の調子を整えるといわれるオメガ6脂肪酸の一種です。

 

このほか、γ-リノレン酸には、女性ホルモンを安定させる役割もあることが明らかになっています。

 

 

PMSと呼ばれる月経前症候群の不快な症状は、女性ホルモンの乱れが影響していますが、月見草オイルのγ-リノレン酸によって、生理痛の諸症状の原因となる物質の発生を抑制します。

 

γ-リノレン酸で注目の月見草オイルは、女性のPMS改善の他にも、生活習慣病予防や乱れた食生活を補いたい人、アトピー性皮膚炎に悩んでいる人に役立ちます。

 

現在、PMS対策として、月見草オイルのサプリメントを活用している人が増えています。

 

日頃の食事からは摂取が難しいγ-リノレン酸を手軽に摂って、女性の健康を守るのにピッタリなのが、月見草オイルです。

 

 

PMSサプリメントTOPへ!